ズボン下して客乗せる 尻出しタクシー運転手「2年前から」

印刷

   京都市内で女性客を後部座席に乗せたままズボンやパンツを膝まで降ろしていたとして、タクシー運転手の男(60)が軽犯罪法違反(身体露出)の疑いで京都府警に書類送検された。男は、苦情がないのをいいことに、2年前から同様な行為をやっていたという。

   「久々の超理解に苦しむ案件だな...」「その間ばれなかったのか」「よく拡散されなかったなぁ」。新聞各紙で2017年2月13日にこの事件が報じられると、ニュース(電子版)のコメント欄などでは驚きの声が次々に上がった。

  • なぜ2年も苦情なく運転席で露出?(写真はイメージ)
    なぜ2年も苦情なく運転席で露出?(写真はイメージ)

同じ被害者の女性が京都府警に2回も相談

   各紙報道などによると、大津市在住の容疑者の男は、16年5月12日朝、京都市内で30代会社員女性をタクシーの左後部座席に乗せて、お尻や太ももを露出したまま20分ほど運転した疑いが持たれている。女性が乗り込んだときには、すでにズボンなどを膝まで下ろした状態だったという。

   男の局部まで見えていれば、公然わいせつの疑いになるが、そこまでは見えていなかったという。女性は、タクシーを降りた後に府警に相談している。男は、調べに対し、「運転するのに、腹回りのズボンが窮屈だった」と動機を供述し、容疑を認めているという。

   この女性は、15年12月も同じ男のタクシーに乗っており、そのときは、ズボンを下ろして股間に手を入れ陰部付近を触っていたが、局部は見えなかったという。女性は、男の名前をチェックしたうえで、このときも府警に相談していた。

   ただ、この女性以外には、男がズボンを下ろしていたといった被害の訴えはないという。目撃者がいても通報しなかったか、そもそも目撃しなかった可能性があるようだ。

おとなしそうな人を狙うなどしていた?

   2年間も発覚しなかったことについて、ネット上では、「たまたま目に入ってしまったのかな」「そもそも変な人だから関わらないでおこうで終わっていたのか...」などと様々な推測が出ている。「こんなタクシーは嫌だ」「その手でお釣りをもらうのは最悪です」などと嫌悪感も広がっている。

   京都タクシー業務センターでは2月14日、今回のJ-CASTニュースの取材に対し、事務局長が次のように説明する。

「運転手がお尻を出したといった苦情は、ここ5年間で1回もありません。うわさを聞いたこともないので、びっくりしています。運転席でズボンを下ろしていたらだいたい分かると思いますし、京都でもドライブレコーダーのインカメラが普及しており、タクシー会社でも分かるはずですよ。他府県のタクシー業界からも問い合わせが来ており、京都のイメージダウンになるのではないかと困っています」

   事務局長は、あくまで個人的な推測だとして、2年も発覚しなかった理由について、こうみる。

「常日ごろやっていたわけではなく、場所や時間、相手を選んでいたのでしょう。おとなしそうな人を狙うなどです。運転手は、1日15~20回はお客さまを運んでいますので、お尻を出していたら普通は気づくはずです。また、トランクを開け閉めするなどのサービス時ではなく、運転手が座席から動かず自動ドアを操作するときなどにやっていたことも考えられます」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中