仏留学生行方不明事件 チリ人容疑者が裁判所に出頭

印刷

   フランス留学中の黒崎愛海さんが行方不明となった事件で、殺人の疑いで国際指名手配されているチリ人のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者が、2017年2月14日、チリの最高裁判所に出頭した。各メディアが報じた。

   今月7日に出された出頭命令に応じたものだが、容疑の内容やフランスからの要請についての説明を行ったとされる。容疑者の弁護士は、無実を主張した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中