2018年 10月 15日 (月)

原子力規制委員長「(東電は)非常に重症」 耐震性で誤説明続ける

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   原子力規制委員会の田中俊一委員長は2017年2月15日の記者会見で、柏崎刈羽原発(新潟県)「免震重要棟」の耐震性不足を報告していなかった東京電力を、「非常に重症」と批判した。

   東京電力は14日の原子力規制委員会の審査会合で、緊急時の対応拠点である免震重要棟について、想定する全ての地震の揺れに耐えられない可能性があると明らかにしていた。結果は2014年に得られていたが、社内での情報共有ができていなかったため、これまで誤った説明をしてきたという。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...