2018年 10月 15日 (月)

これが奈良のアビイ・ロード 「奇跡の一枚」がツイッターで拡散

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   この構図、どこかで見たことがないだろうか。そう、ビートルズの名盤「アビイ・ロード」のジャケット写真である。

   今、これとそっくりな1枚の写真がネットを賑わせている。「主人公」はポールマッカートニーでも、ジョン・レノンでもなく、3匹の鹿だ。

  • 奈良のビートルズだ!(奈良ビバリーヒルズ&スターヒルスタジオ @narabeverlyさん提供)
    奈良のビートルズだ!(奈良ビバリーヒルズ&スターヒルスタジオ @narabeverlyさん提供)

「奈良のビートルズか?!」

「奈良のビートルズか?!」

   2017年2月18日、こんなつぶやきとともに1枚の写真がツイッター投稿された。撮影場所は、奈良公園を貫く国道169号線の横断歩道。

   体格が同じくらいの鹿が3匹、悠々と歩いている。横断歩道をきちんと歩く姿は、まるで人間のようだ。車も横断歩道の前で止まり、鹿たちが通り過ぎるのを待っている。

   道の両サイドに植えられた木々、3匹の間隔。人と鹿の違い、数の違いを除けば、この構図はアビイ・ロードのアルバムジャケットそのものだ。投稿主のつぶやきはおそらく、それを意識したものだろう。まさに「奇跡の一枚」と呼べそうなこの写真に対しては、

「めちゃ、おもしろい」
「ナイスショット」
「これは笑ろた」

と驚きの声が相次いでいる。

   なお、アビイ・ロードのアルバムジャケットは、ロンドンのウェストミンスター地区にある通り「アビイ・ロード」で撮影された。

   アビイ・ロードの横断歩道を歩くメンバー4人の写真は、もうおなじみだろう。アルバムジャケット撮影から41年後の2010年12月、イギリス政府はこの横断歩道を文化的・歴史的遺産に指定している。

   国道169号線の横断歩道も、いつか聖地となるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...