新庄剛志の超豪快「口座管理法」 残高22億円のつもりが...

印刷

   元メジャーリーガーの告白に、番組共演者たちは一瞬、言葉を失った。

   元プロ野球選手の新庄剛志氏(45)が2017年2月20日、テレビ朝日系のバラエティー「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演し、親しい知人との間に億単位の金銭トラブルがあった事実を打ち明けた。

  • あのスーパースターの知られざる事実とは?
    あのスーパースターの知られざる事実とは?

A氏だけがメジャー移籍を後押し

   新庄氏は1989年、ドラフト5位で阪神に入団。2000年オフのFA宣言で海を渡り、2003年までメジャーリーグでプレーした後、北海道日本ハムに移籍し06年日本一に導いた。特徴は、天性の強肩と俊足、勝負強い打撃など。1999年6月12日の巨人戦で敬遠球をサヨナラ打とした場面は、野球ファンの間で今も語り継がれる。

   新庄氏が番組で語った話によると、プロデビュー後からずっと、知人のAさんに貯金の管理を任せていた。母の知り合いで、複数の会社を経営する手腕の持ち主だったので、「この人なら大丈夫」と信頼していたという。

   新庄氏はFA宣言をした2000年オフ、横浜とヤクルトに5年契約総額12億円(金額は推定)の条件を提示された。水面下では、メッツから年俸20万ドル(約2200万円)のオファーも舞い込む。家族や妻ら皆が国内残留を望む中、ただ1人Aさんだけは「行った方がいい」とメッツ移籍を後押ししたという。

   当時の新庄氏はまだ、これが「地獄のトラブルの引き金」となるとは知る由もなかった。

新庄氏の貯金を「会社の資金に使っていた」

   新庄氏はメッツ移籍後、開幕からメジャー入り。123試合に出場し、103安打を放つなど、チームに貢献した。オフに帰国すると、CM出演の依頼が殺到したという。

「リストバンド、あれをはめてください、と。わかりました。ばーっと送ってこられる。そのスポンサー料、4000万円。アンダーシャツ、2000万円。スパイク、ウン千万円。すごくない?」

   新庄氏は当時をそう振り返り、「野球なんかマジ『バイト』」と実感したという。

   新庄氏は2006年、ファンに惜しまれつつ引退した。悠々自適な生活を送ろうとバリ島へ移住し、妻との離婚を機に貯金を渡してもらうよう、Aさんに連絡した。自分の頭の中では「44~45億円稼いだから、税金の半分を引いても、22億円(残る)」(新庄氏)と思っていた。

   だがAさんから告げられたのは、「(残高が)2200万円しかない」という衝撃的事実だった。聞けば、新庄氏の許可なく「会社の資金に使っていた」という。

   新庄氏が返すよう求めても、Aさんは拒否。提訴しても、8000万円しか返ってこなかった。挙句の果てに12年、Aさんの破産宣告で裁判は強制的に終了してしまう。「わいたこら(なんだこれは)」。新庄氏はそう繰り返し、あらためて悔しさをにじませた。

   スポーツ選手は競技に集中するあまり、金銭の管理に目を向けなくなる人が多い。新庄氏は番組で、どうしてもこれを伝えたかったのだという。「17年間、調べなかった自分のミス」と認めながらも、「僕のことを息子と思っていた」人物に裏切られたとし、

「年に1~2回はチェックした方がいい」

と助言していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中