2018年 10月 15日 (月)

中国の鳥インフルますます深刻化 感染者数は過去最多になる勢い

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   世界保健機関(WHO)は、2017年2月20日に公式ウェブサイト上で、1月19日から2月14日までに中国本土での鳥インフルエンザA型(H7N9)感染者が304人になったと発表した。

   WHOによると、1月19日以降ほぼ毎週、中国の衛生当局である国家衛生計画出産委員会から30~50人の感染者報告が出されている。報告数が最も多いのは中国東部・江蘇省の67人、次いで浙江省の53人、広東省の32人となっており、上海や北京などの都市部でも1~3人の感染者が確認されている。

   感染ルートについては、感染が報告されている304人のうち144人が、飼育している家禽や家禽市場での接触と判明しているものの、残りは調査中で現時点では不明だという。

   WHOはリスクアセスメントの中で、2016年末から現在まで中国での鳥インフルエンザA型の報告数は急激に増加しており、2013年に中国で鳥インフルエンザが確認されて以来最大の感染者数になるとコメント。ただし、現時点で人から人への感染は確認されておらず、渡航禁止や封じ込めは必要ないとしている。

   予防アドバイスとして、鳥インフルエンザの発生が確認されている国に渡航する場合、可能な限り養鶏場や鳥市場で動物と接触することを避け、石鹸と水で頻繁に手を洗うよう呼びかけている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...