企業の43.9%が「正社員不足」と過去最多 大企業ほど人材に苦心

印刷

   帝国データバンクが2017年2月21日に発表した「人手不足に対する企業の動向調査」によると、有効回答があった企業1万195社(回答率42.8%)のうち、正社員が不足していると答えた企業の割合は43.9%にのぼり、過去10年で最多となった。前回調査(16年7月15日~7月31日)から6.0ポイント上昇した。

   業種別にみると、「放送」が最も高く73.3%。「情報サービス」や「人材派遣・紹介」「建設」なども60%以上と高かった。規模別では、規模の大きい企業ほど不足感が強く、「大企業」では 51.1%と半数を超えている。

   非正社員では、企業の29.5%が不足していると感じている。前回調査から4.6ポイント上昇した。「飲食店」や「娯楽サービス」「飲食料品小売」などで高く、消費者と接する機会の多い業種で人手不足感が強まっている。

   調査期間は2017年1月18日~31日。対象は全国2万3796社。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中