2018年 8月 15日 (水)

「真田丸」経済効果、長野県内で200億円超 上田市が発表

印刷

   長野県上田市は、2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」が県内に及ぼした経済波及効果が200億9000万円に上ったと2017年2月20日、発表した。交通費を除いた長野県内での観光消費額は143億3000万円で、そのうち47.7%にあたる67億9000万円が上田市での消費総額となった。

   調査は「信州上田真田丸大河ドラマ館」(2017年1月17日~2017年1月15日まで開館)の入館者103万5000人を観光客数とし、入館者約800人への宿泊費や飲食費、土産代などのアンケートをもとに消費額を推計したもの。

   「真田丸」の長野県への経済効果については、2016年6月に日本銀行松本支店も200億円になるという試算結果を発表していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中