「真田丸」経済効果、長野県内で200億円超 上田市が発表

印刷

   長野県上田市は、2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」が県内に及ぼした経済波及効果が200億9000万円に上ったと2017年2月20日、発表した。交通費を除いた長野県内での観光消費額は143億3000万円で、そのうち47.7%にあたる67億9000万円が上田市での消費総額となった。

   調査は「信州上田真田丸大河ドラマ館」(2017年1月17日~2017年1月15日まで開館)の入館者103万5000人を観光客数とし、入館者約800人への宿泊費や飲食費、土産代などのアンケートをもとに消費額を推計したもの。

   「真田丸」の長野県への経済効果については、2016年6月に日本銀行松本支店も200億円になるという試算結果を発表していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中