「SMAPに土下座しろ」 メリー氏糾弾する「ジャニーズ探偵局」の本気度

印刷

   「本局の目的はSMAPの再結成にあります」――SMAP解散からおよそ2か月、「ジャニーズ探偵局」なるウェブサイトが立ち上がり、ファンの間で話題となっている。

   運営母体は「ジャニーズ探偵局」を名乗る団体。SMAP再結成を求めると同時に、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長やメリー喜多川副社長との対決姿勢を強めており、ただならぬ雰囲気を感じさせる。立ち上げの目的や、きっかけは何なのか。J-CASTニュースは2017年2月22日、ジャニーズ探偵局の代表者に直接、話を聞いた。

  • ジャニーズ事務所への「逆襲」が始まる?
    ジャニーズ事務所への「逆襲」が始まる?

「このままだと元SMAPメンバーは事務所に抹殺される」

「メリー(喜多川副社長)・ジャニー(喜多川社長)姉弟は元SMAPメンバーの前で土下座して、泣きじゃくりながら『再結成してくれ。そうでなきゃ私たちの身が持たない』と許しを請うべきです」

   東京都内の事務所で、探偵局の代表者は開口一番、こう言い放った。本名を公開することや写真撮影は断られた。サイトの立ち上げは17年2月初旬だが、探偵局の設立は29年前にさかのぼるという。

   きっかけとなったのは、1988年に元フォーリーブス・北公次さんの暴露本『光GENJIへ ―元フォーリーブス北公次の禁断の半生記』(データハウス)や元光GENJIメンバーの証言ビデオを発売したことだ。その中で、ジャニー氏による「少年虐待」の生々しい実態が告発された。

   当時、探偵局はこうした動きを陰で仕切っていたといい、1991年に一定の成果を上げたとして探偵局は解散。その後、1995年には光GENJIも解散している。

   しかし、2016年末に、ジャニーズ事務所の内紛が引き金となり、SMAPが解散する。

「このままだと元SMAPメンバーは、事務所に抹殺、粛清され、芸能界引退に追い込まれてしまう。(事務所に残る意思を示した)キムタクを除き、メンバーの明日はありません」

   「探偵局」代表者は次第に、そんな強い問題意識を持ち始め、知人のSMAPファンが「SMAPロス」に陥り、心療内科へ通うようになったことがきっかけで探偵局復活を決意したという。そして、情報発信のために立ち上げたのが今回のサイトだ。これからSMAPの再結成、メリー氏・ジャニー氏姉弟の芸能界引退を粘り強く求めていくとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中