2018年 12月 10日 (月)

妹になりすまし「自分(姉)は死亡」 葬儀代詐取バレたお粗末な顛末

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   離婚した夫に対し、元妻が自分の妹になりすまして手紙を送り、「姉が死にその葬儀代が足りない」と騙し、口座に35万円を振り込ませたとし、長崎県警佐世保署は2017年2月21日に詐欺の容疑で女を逮捕した。

   この元妻は電話でも元夫と会話して金を借りる相談をしているが、元夫は電話口の相手が妹だと信じていた。詐欺を見破ったのは元夫婦の息子だった。

  • 「母親が死んだなんて聞いていない!」(写真はイメージ)
    「母親が死んだなんて聞いていない!」(写真はイメージ)

「姉が亡くなったが葬儀代が足りない」

   佐世保署にJ-CASTニュースが22日に取材したところ、群馬県大泉町の無職の女(63)は自分が死んだことにし、自分の実の妹になりすまし佐世保市に住む元夫(72)に、「姉が亡くなったが葬儀代が足りない。姉の口座に振り込んでほしい」という手紙を16年9月と10月に2度送り、インターネットバンキングで35万円を振り込ませた。さらに11月、妹に成り済まし元夫の元に電話し「お金を貸してほしい」と頼んだ。

   この元夫婦は40年ほど前に離婚していて、ずっと接触がなかったため、元夫は元妻の妹の声だと信じていた。それで電話での借金を快諾するのだが、女が指定した日時までの送金が間に合わなくなった。それで、埼玉県に住む元妻の妹の家に電話をし、送金が遅れる旨を伝えようとしたが、電話がつながらなかった。元夫は約束が守れないことを心配し、息子にどうすればいいかを相談すると、息子は、

「母親が死んだという話は聞いていない!」

と驚いた。

息子があわてて電話すると死んだとされた母親が出た

   その母親は再婚し、群馬県に家庭を持っている。息子にとっては実の母親のため連絡先は知っているし、葬儀には呼ばれるはずだ。息子があわてて母親の家に電話をすると、その電話に出たのは死んだとされた母親だった。それで父親が騙されていることが分かったという。こうした経緯を佐世保署に相談し、署は捜査を進め、17年2月21日に女を逮捕した。女は「手紙を出したが騙してはいない」と容疑を否認している。署はJ-CASTニュースの取材に対し、

「詐欺を働いたのは捜査によって確認できている。動機は何か、騙し取ったカネを何に使ったのかはこれからの事情聴取になる」

と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中