ASKAブログで信じられない「告白」 新作の絶賛コメント「僕が全部書いた」

印刷

   歌手のASKAさん(59)が、2017年2月22日に発売した新アルバム「Too many people」について、インターネット通販「アマゾン(Amazon)」上での高評価コメントを「自作自演」しているとブログで打ち明けた。

   25日正午時点で、同作の「Amazonレビュー」には最高評価の五つ星コメントが438件も寄せられている。こうした絶賛の書き込みについて、ASKAさんはブログで「実は、僕が全部書いた」というのだ。

  • 絶賛コメントが相次ぐASKAさんのニューアルバム「Too many people」
    絶賛コメントが相次ぐASKAさんのニューアルバム「Too many people」

「ASKAではなく『SAKURA』と呼んで」

   ASKAさんは誕生日を迎えた24日、「なっちゃたよ、59歳。。。」というタイトルでブログを更新した。

   その中で、今回の新作アルバムについて「みなさんのところに届けることができて、本当に良かった」と一言。アルバムの発売後には、ブログのコメント欄やAmazonのレビューで「五つ星を、たくさんいただきました」と報告した。

   だが、ここでASKAさんはなぜか突然、

「でも、あれ、実は、僕が全部書いたのです。大変でした。自分のアルバムを褒めるのが」

と「自作自演」を告白。その上で、

「これからはASKAではなく『SAKURA』と、呼んでください」

とのジョークまで飛ばした。さらに「今から、また、『アルバム最高!!』と、書きにいきます」と、今後も同様の投稿を続けることまで宣言していた。

   ブログの末尾に付ける署名もASKAではなく「SAKURA」となっていた。

投稿者の多くが「Amazonカスタマー」のわけ

   25日正午時点で、ASKAさんの新作アルバムには446件のAmazonレビューが投稿されている。そのうち、全体の98%以上にあたる438件のレビューが最高評価の五つ星だ。実際、寄せられた投稿を見ると、そのほとんどが、

「ここにきて最高傑作です。aska がaska として戻ってきました。正直言って驚くべきクオリティです」
「これがプロ中のプロが制作したアルバム。彼の歌唱力と作詞作曲能力は世界レベルなのはいうまでもない」
「表現力、歌唱力がとてつもない、本物の歌い手ですね」

などとASKAさんと作品をほめたたえる書き込みばかり。

   こうしたレビューを詳しく見ていくと、その多くが「Amazonカスタマー」というアカウントによるものだと分かる。これは、Amazonにアカウント登録をした際の初期状態で設定されている名前だ。

   実際、25日に新しく寄せられたレビューでは、最新10件のうち9件が「Amazonカスタマー」による投稿。しかも、その9件のアカウントは全て、ASKAさんの今回のアルバムだけにしかレビューを書き込んでいない。

   また、Amazonアカウントの登録自体は、メールアドレスだけで簡単に行えるため、ヤフーなどの無料アドレスを使えばひとりで大量のアカウントを取得することが可能だ。ただ、アカウントごとに別のメールアドレスを登録しなければならない。

   さらにAmazonでレビューを投稿するためには、そのアカウントで何らかの商品を購入する必要がある。つまり、一つ一つのアカウントに住所やカード情報を逐一登録する手間がかかるのだ。

   こうした点を踏まえると、仮にASKAさんの「自作自演宣言」が事実だとした場合、本人は相当な労力と時間をかけていることになる。それだけ新アルバムへの思い入れが強いとも言えそうだが、そこまでして本当に「サクラ」をしているのだろうか。インターネット上には、

「心配と悲しさが入り雑じった不思議な気持ちになる」

といった反応もみられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中