2018年 10月 16日 (火)

宮崎駿監督が長編アニメ制作に復帰 事実上の「引退撤回」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   長編映画の制作から引退することを表明していたアニメーション監督の宮崎駿氏(76)が、新作長編アニメの準備に入ったと、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが2017年2月23日(現地時間)、米ロサンゼルスのイベントで明らかにした。

   鈴木氏は、現地26日に発表される第89回米アカデミー賞の長編アニメ賞に関連して行われたトークショーに出演。その中で、宮崎監督から16年7月に新作長編アニメの企画書を提出され、同年末には作品の絵コンテも確認したことを明かし、

「本人に向かって『面白い』と言いました。(宮崎監督は)今も一生懸命、東京で作っています」

と話した。具体的なタイトルや公開時期は明かさなかったが、事実上の「引退撤回」と言えそうだ。

   宮崎監督は13年9月、映画「風立ちぬ」を最後に長編アニメ作品の制作から引退することを表明。その後は、自身初となるCGを使った短編アニメ「毛虫のボロ」に取り組んでいた。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...