2018年 9月 19日 (水)

2015年はうつ病患者3億2200万人 WHO発表、10年で18%増

印刷

   世界保健機関(WHO)は、2015年にうつ病患者が世界で3億2200万人に達したという推計を、2017年2月23日に発表した。発表資料によると、2005年からの10年間で18.4%増加した。

   世界の全人口の4.4%を占め、男女別でみると女性5.1%、男性3.6%と女性の方が比率が高くなっている。

   WHOは、うつ病は重大な疾患であり、最悪の場合に自殺につながるとしているが、うつ病であると正しく診断されず、適切な治療が受けられないことも多いと警鐘を鳴らしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中