2018年 9月 21日 (金)

「ラ・ラ・ランド」まさかのカックン! 米アカデミー賞授賞式で起きた前代未聞

印刷

   第89回米アカデミー賞の発表・授賞式で前代未聞のミスがあった。作品賞のプレゼンターがなんと、誤った作品名を発表してしまったのだ。

   原因は封筒の渡し間違え。すぐに訂正されたものの、訂正前の作品の関係者がすでに壇上でスピーチを始めており、会場は大混乱。日本の中継番組で司会となったジョン・カビラさんは、「封筒の管理ミス」を指摘する。

  • 一体何が起こったのか
    一体何が起こったのか

「間違いがあった。冗談ではない」

   発表・授賞式は17年2月26日(日本時間27日)、米ロサンゼルス・ハリウッドのドルビー・シアターで行われた。作品賞に輝いたのは、黒人少年の成長を描いた「ムーンライト」。同作は助演男優賞、脚色賞と合わせ、3部門で受賞している。

   しかし、当初、作品賞はミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(監督賞、主演女優賞、歌曲賞など6部門で受賞)と発表されていた。同作は13部門で14ノミネートされており、下馬評では大本命。それだけに、何らおかしくない発表だったが、実はこれ、誤りだった。

   一体何が起こったのか。作品賞のプレゼンターとなった俳優のウォーレン・ベイティさんは、赤い封筒から作品名の書かれた紙を取り出した。もう1人のプレゼンター、女優のフェイ・ダナウェイさんがそれを見て、「ラ・ラ・ランド」と読み上げた。

   大歓声の中、立ち上がる「ラ・ラ・ランド」陣営。関係者らが壇上へ向かう。ここまでは順調に進行していたものの、3人目のスピーチが始まった直後、ミスが明らかとなる。1人目にスピーチした出演者が突然割って入り、「間違いがあった。冗談ではない」と切り出した。そして紙を掲げ、「ムーンライトが作品賞だ」と宣言したのだ。

手渡された封筒は主演女優賞

   発表から訂正まで、およそ3分。前代未聞のミスに会場は騒然となった。「ムーンライト」陣営のスピーチが無事終わった後、司会を務めるジミー・キンメルさんに「ウォーレン、何をやってくれたんだ」と指摘されたベイティさんは、「確かに『ラ・ラ・ランド』と書いてあった。冗談でやったわけじゃない」と釈明していた。

   米メディアの報道によると、ベイティさんに手渡された封筒は主演女優賞(受賞者は「ラ・ラ・ランド」に出演したエマ・ストーンさん)のもの。スタッフの手違いがあったらしい。

   このミスは、日本でも注目を集め、「ラ・ラ・ランド」の日本版公式アカウントも、

「まさかの...残念ですが読み間違いとのこと...」

と落胆の色を隠せない様子でツイート。

   WOWOWの中継番組の進行役となったジョン・カビラさんもツイッターで

「世紀の『オスカー・ミステイク』は封筒の管理ミス? 主演女優賞の『カード』は本人がオスカー像と一緒に持っていたよう。なぜ同賞封筒(危機管理用)がもう一通、作品賞プレゼンターに渡ってしまったのか? そもそも封筒に『賞タイトル』印字あったのに!? 公式説明待たれます」

としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中