地方アイドル、ズル休みしてSTU48選考会 他メンバー「裏切られた気しかないよ」

印刷

   船上劇場を使用しながら瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「SETOUCHI=STU48」1期生のオーディションをめぐり、地元アイドルグループで「脱退騒動」が起こっている。

   STU48のオーディションの途中経過を地元メディアが報じる中で、地元アイドルグループメンバーとみられる人物が映り込んでいた上、そのメンバーはオーディションの日、自分のグループの活動を「インフルエンザ」を理由に休んでいた。このメンバーは、ほどなくグループからの脱退が発表され、残されたメンバーはツイッターで「悲しいよ。寂しいよ」「裏切られた気しかないよ」などと嘆きの声をあげている。

  • メンバーの脱退を発表する「銀玉セブン」の公式ツイッターアカウント。「これ以上のコメントは一切控えさせて頂きます」とも断っている
    メンバーの脱退を発表する「銀玉セブン」の公式ツイッターアカウント。「これ以上のコメントは一切控えさせて頂きます」とも断っている

公式アカウント「諸事情で脱退」

   脱退騒動が起こったのは、岡山県を拠点に活動する「銀玉セブン」。結城琉梨さん、一ノ瀬愛梨さん、倉田園子さんの3人で構成され、16年夏にデビュー。中四国地区で行われるアイドルイベントに参加したり、県内の自動車販売店のCMにも出演したりしていた。

   銀玉セブンは2月26日に広島市で行われるイベントに出演を予定していた。13時30分の開始予定だったが、同日9時20分過ぎ、グループの公式ツイッターで倉田さんの欠席が発表された。理由は「インフルエンザの為」とされた。イベントは「銀玉」からは結城さんと一ノ瀬さんのみが参加した。

   この日は、岡山市内でSTUのオーディションの2次審査が行われ、12人が通過していた。この様子は地元メディアも取材し、特に山陽新聞はウェブサイトに動画を掲載した。報じられたオーディション通過者の動画や写真に、倉田さんらしき人物が写っていたとして、波紋が広がった。

   「銀玉」側の対応は素早く、2月27日夜にはツイッターの公式アカウントで倉田さんが2月26日に「諸事情」で「脱退」したことを発表。ツイートには

「ファンの皆様方には大変なご迷惑をおかけ致しますが...結城、一ノ瀬はじめ銀玉sevenを今後とも宜しくお願い申し上げます。これ以上のコメントは一切控えさせて頂きます」

とあり、多くを語りたくはない様子だった。これにともなって、倉田さんの「銀玉」公式サイトのプロフィールやツイッターのアカウントは削除された。

   残されたメンバー2人も、ツイッターで

「3人でこれから頑張ろうって言ってたから。悲しいよ。寂しいよ。1人でも欠けたら銀玉Sevenじゃないんだよ」(一ノ瀬さん)
「なんで。銀玉で頑張っていくって決めて、武道館に立とうとか、皆で夢語ってたのに。おかしくない。涙があふれてくる。正直許せれない。裏切られた気しかないよ」(結城さん)

などと嘆きの声をあげた。

指原莉乃はHKTと兼務

   STUは、「瀬戸内から、AKB総選挙1位を出そう。STU48第1期生募集!」をうたい文句に、2月5日まで応募を受け付けた。1月下旬にはAKB48の柏木由紀さん(25)が広島、山口、愛媛の3県、渡辺麻友さん(22)は兵庫、岡山、徳島、香川の4県を訪問してオーディションをPR。締め切り後の2月23日未明にはHKT48の指原莉乃さん(24)、AKB48の岡田奈々さん(19)の兼任が発表された。16年のAKB48グループの「選抜総選挙」では指原さんは初の連覇を果たし、岡田さんは14位で初の上位16人の「選抜」入りを果たしていた。

   特に指原さんはHKT48と同様に劇場支配人兼務も決まっており、新グループへの相次ぐエース級の投入が話題になっていた。オーディションは3月に最終審査が行われ、正式に1期生が決まる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中