Bリーグ新潟ファンが不適切行為 処分を検討

印刷

   プロバスケットボールリーグ(Bリーグ)の新潟アルビレックスBBと大阪エヴェッサの試合が2017年2月26日に行われたが、試合後に、新潟ファンが大阪の木下博之選手に対して殴るそぶりを見せたことを受け、新潟アルビレックスBBは同日、公式サイトでお詫びを掲載した。

   木下選手は試合後に自身のツイッターを更新し、

「新潟のブースターの方にこっちに来いと言われたので近寄って行くと、顔を殴られるフリをされました」

と投稿。「Bリーグ初年度で日本のバスケット会が良くなっていく第一歩なだけに残念だと思い(原文ママ)」ツイートしたという。

   クラブでは現在事実確認を進めており、不適切な行為が確認された場合には、厳正な対処を行うとしている。

   試合は60-71で大阪エヴェッサが勝利した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中