2018年 11月 22日 (木)

東北大、肺移植の拒絶反応原因を解明 マウス実験で抑制にも成功

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東北大学加齢医学研究所の川上徹博士研究員、小笠原康悦教授、岡田克典教授らのグループは、肺移植手術後に患者が死亡する主な要因である拒絶反応「閉塞性細気管支炎」の原因を発見し、緩和する方法も確立したと、2017年2月28日に発表した。

   これまで閉塞性細気管支炎は、T細胞と呼ばれる免疫細胞の反応によるものとされてきたが、それだけでは発生メカニズムを説明できず、他の要因が影響しているのではないかとされていたという。

   研究グループはマウスなどの調査から、がん細胞やウイルス感染してダメージを受けた細胞を排除する「ナチュラルキラー(NK)細胞」が、肺の細胞を傷つけることで閉塞性細気管支炎を発症することを発見した。

   すでにマウス実験によって、NK 細胞を除去したり働きを抑制させたりすることで、閉塞性細気管支炎の発症リスクが低下することも確認しており、臓器移植の拒絶反応を防ぐ新薬開発も期待できるとしている。

   この研究結果の論文は2月27日、米国移植学術誌電子版で公開された。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中