2018年 8月 19日 (日)

子どものスマホ動画視聴調査 小学生はアニメよりユーチューバー

印刷

   インターネットインフラ事業を手掛けるビッグローブは2017年2月28日、スマートフォン(スマホ)で動画や音楽を視聴している12歳までの子どもを持つ親を対象に行った「子どものスマホ動画視聴に関する調査」の結果を発表した。

   子どもがスマホやタブレット型端末で見る好きな動画ジャンルについての質問では、0~2歳がアニメ「アンパンマン」や子ども番組「いないいないばあっ!」が人気で、3~6歳の未就学児でも「ポケットモンスター」や「ドラえもん」が上位に挙げられていたのに対し、小学生では「ゲーム実況」、「ユーチューバー」、「歌手のミュージックビデオ・ライブ」といった、アニメ以外の動画コンテンツが上位になっている。

   さらにユーチューバーの動画を見ているかとの質問には、全体で46.5%の子どもが視聴しており、小学3~4年生(8~10歳)では57.5%、5~6年生(10~12歳)では65.8%と7割近くに達していた。

   年齢が上がるにつれて、自ら関心のある動画を選択し、男児と女児で好みが細分化する傾向にあったという。

   調査は17年1月17日~19日に、子どものいる全国の20~50代の男女600人を対象にインターネット上でアンケートに回答する形で行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中