日本アカデミー賞、「シン・ゴジラ」7冠 最優秀監督賞など

印刷

   第40回日本アカデミー賞の授賞式が2017年3月3日、都内で開かれ、各部門の最優秀賞が発表された。最優秀作品賞に選ばれた映画「シン・ゴジラ」は庵野秀明総監督と樋口真嗣監督の最優秀監督賞など、7部門で最優秀賞を獲得した。俳優の佐藤浩一さんが最優秀主演男優賞(映画「64―ロクヨン―前編」)、女優の宮沢りえさんが最優秀主演女優賞(映画「湯を沸かすほどの熱い愛」)に輝いた。

   他の最優秀賞は、以下の通り(以下、敬称略)

助演男優=妻夫木聡(「怒り」)
助演女優=杉咲花(「湯を沸かすほどの熱い愛」)
脚本=新海誠(「君の名は。」)
撮影=山田康介(「シン・ゴジラ」)
照明=川辺隆之(同)
美術=林田裕至/佐久嶋依里(同)
録音=中村淳/山田陽(同)
編集=庵野秀明/佐藤敦紀(同)
音楽=RADWIMPS(「君の名は。」)
外国作品=「ハドソン川の奇跡」
  • 「シン・ゴジラ」の庵野秀明総監督(2016年11月22日撮影)
    「シン・ゴジラ」の庵野秀明総監督(2016年11月22日撮影)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中