2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

「新宿の目」撤去の噂、小田急が全面否定 誤情報がネットで急拡散したのはなぜか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新宿駅西口の地下通路にある「新宿の目」が、スバルビルの建て替えに伴って撤去される――。こんな根も葉もない噂がインターネット上を一人歩きし、一時はツイッターの「トレンドワード」にも登場するといった騒動が起きた。

   スバルビルを所有する小田急電鉄の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に、「現時点で新宿の目を撤去する予定はありません」と噂を全否定する。いったいなぜ、「『新宿の目』が撤去される」という根拠のない情報が拡散していったのか。その経緯を追った。

  • 「新宿の目」は当面無くならない(画像はwikimedia commonsより)
    「新宿の目」は当面無くならない(画像はwikimedia commonsより)

3月5日のあるツイートがきっかけ

   「新宿の目」は、彫刻家の宮下芳子さんが制作したオブジェだ。そのデザインは巨大な「目」を模したもので、サイズは高さ3.4メートル、幅10メートル。1969年に新宿駅西口の地下通路に面したスバルビルの壁面に設置され、以来40年以上にわたって行き交う人々を見守り続けてきた。

   そんな「新宿の目」が撤去されるという情報が、ネット上で急速に「拡散」したのは17年3月5日のこと。そのきっかけは、あるツイッタユーザーが、

「新宿西口地下、スバルビルの『新宿の目』。建替でこれも無くなってしまうそうです」

と写真付きでツイートしたことだった。この投稿は大きな注目を集め、ツイッター上では、

「新宿の目なくなっちゃうのかー! 寂しい!!」
「なくなる前にもう一回見たいな」
「どこかに保存するなり新しいビルに展示するなり出来ないのだろうか」

といった「惜しむ声」が噴出。6日朝には一時、ツイッターの「トレンド」にも新宿の目というワードが登場するほどの話題を集めた。

   だが、小田急電鉄の広報担当者は6日午後のJ-CASTニュースの取材に対し、

「現時点では『新宿の目』を撤去する予定はありません。新宿西口の再開発を弊社が検討していることは事実ですが、まだスバルビルを建て替えるかどうかも含めて検討している段階です」

として、ネットで流布している噂を全否定した。

テナント撤退が「スバルビル建て替え」の連想に

   いったいなぜ、こうした根も葉もない噂がネット上を一人歩きすることになったのか。ツイッターに寄せられた書き込みを確認する限り、「スバルビル」の建て替えが噂になり始めたのは16年10月頃となる。

   このタイミングで起きた出来事といえば、スバルビルの1階で営業していたみずほ銀行新宿西口支店の移転だ。ビル外観の目立つ場所で営業していた同テナントの移転を受け、ツイッターには、

「新宿で発見。スバルビルが建て替えみたいです。寂しいですが発見しました」
「新宿西口、スバルビルのみずほ銀行ATMが移転してた。いよいよ建て替え始まるんだろう」

といった投稿が出た。

   ビル名の由来にもなった富士重工が2014年に移転したほか、地下飲食街でのテナント撤退も相次いでいたスバルビル。今回のみずほ銀行の移転を受け、営業を続けているのはマクドナルドとロシア料理店の2軒だけになった。

   どうやら、こうしたテナントの撤退が相次ぐ状況から「スバルビルが建て替えになる」と勘違いするユーザーが出たようだ。

   その後も、「スバルビルが建て替えになる」といった投稿は定期的に出ており、それに合わせて「新宿の目も無くなるの?」といった声も増えていった。さらに17年2月頃からは、

「無くなる前に(写真に)残しておこう。 新宿の目」
「新宿駅西口のスバルビルは建て替えで、地下にある新宿の目もなくなるようです」

といった投稿もポツポツと出るようになっていた。

   そして起きたのが、今回の騒動だ。実際、誤った情報が一気に拡散するきっかけとなった投稿を寄せたユーザーも17年3月6日午後、

「スバルビルの『新宿の目』の投稿につきましては人から聞いたことを迂闊にも投稿してしまい、誠に申し訳ございませんでした(略)なので、デマを流そう、などという意図は全くありませんでした」

と釈明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中