2018年 11月 15日 (木)

アッコの「美談」が炎上 「ノンスタ井上へ毎日電話」に「なにその拷問」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タクシーとの衝突事故を起こして謹慎していた、お笑いコンビ「NON STYLE」井上裕介さんが、不起訴処分を受け謝罪会見し、謹慎期間中、タレント・和田アキ子さんから毎日電話をもらっていたことを明かした。

   「少しでも芸能界の風を忘れないように」と井上さんを気遣う和田さん。しかし、ネットでは「余計なことしかしない」「めんどくさい」と批判的な声が相次いでいる。

  • 繊細な気遣いだけど…
    繊細な気遣いだけど…

宮根誠司も思わず...

   「『少しでも芸能界の風を忘れないように』と毎日お電話をしてくださった」――井上さんは17年3月7日夜の謝罪会見で、こう話した。

   衝突事件を起こして3か月。井上さんは家に引きこもり、テレビを見る機会もあまりなかったという。そうしてふさぎ込んでいた頃、毎日電話をくれたのが、和田さんの冠情報番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)でも共演する和田さんだった。

   3月6日に不起訴が決まった後、井上さんが連絡を入れると、涙ながらに

「してしまったのはよくないことだし、しっかり反省しなさい。ただ、やっと(不起訴)処分が出て、良かったね」

と温かい言葉をかけられたという。井上さんは会見でこう振り返る。

「ものすごくありがたかったですし、それと同時にもう2度とこんなに優しいアッコさんを裏切ってはいけないな、ご迷惑をかけてはいけないなと言う気持ちでいっぱいでした」

   テレビで見せる豪胆なイメージとは正反対の、細やかな心遣い。しかし、ツイッターでは

「ほんとに余計なことしかしない」
「流石に(井上さんが)可哀想だと思う」
「有難いよりめんどくさい」
「なにその拷問」

と和田さんへの批判、井上さんへの同情の声が相次いでいる。「毎日」という部分に反応したネットユーザーが多いようだ。

   キャスターの宮根誠司さんも、そんな一人だ。8日放送の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で井上さんの謝罪会見を取り上げた際、「まぁ、これはね、(和田さんの電話は)井上さんにとってはうっとうしかったでしょうね」と冗談まじりにもらしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中