クレカ情報67万件超が流出か 都税支払サイトなどに不正アクセス

印刷

   東京都の都税クレジットカード支払いサイトなどで、第三者による不正アクセスが確認された。同サイトを運営受託しているGMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)が2017年3月10日、クレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。

   不正アクセスされた可能性がある情報は、都税クレカ支払サイトでは、クレカ番号と有効期限が6万1661件。この2つにメールアドレスを加えたものが、61万4629件だった。

   また、住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約料クレカ支払サイトでも、不正アクセスが確認された。こちらはクレカ番号、有効期限、セキュリティーコード、カード払い申込日、住所、氏名、電話番号、生年月日が622件。これにメールアドレスを加えたものが5569件。加入月を加えたものが9688件。メールアドレス・加入月の両方を加えたものが2万7661件、不正アクセスされた可能性がある。

   GMO-PGは今後、クレカ会社と協議の上、対応を進める。また、セキュリティー専門会社によるシステム調査と、警察への捜査協力を行うとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中