2021年 1月 17日 (日)

「長屋王の呪いか」とネット注目 跡地のそごう閉店、今度はヨーカドーも

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、奈良市のイトーヨーカドー奈良店を閉店させる。同店は1989~2000年に営業していた百貨店「奈良そごう」の建物を引き継ぎ、03年7月から営業していた。

   この土地、実は天武天皇の孫で、飛鳥時代~奈良時代の権力者、長屋王が8世紀に邸宅を構えていた跡地としても知られる。そごう、ヨーカドーと大型商業施設が続けて閉鎖することになり、奈良そごう開業時の、とある「経緯」や王の最期と結びつけて、インターネット上では「長屋王の呪い」ではないかと、本気とも冗談ともつかない書き込みも出ている。

  • 長屋王をめぐっては歴史コミック作品も著作されている(画像は、里中満智子『長屋王残照記(1)あおによし』(講談社)の表紙。Amazonから)
    長屋王をめぐっては歴史コミック作品も著作されている(画像は、里中満智子『長屋王残照記(1)あおによし』(講談社)の表紙。Amazonから)
  • 長屋王をめぐっては歴史コミック作品も著作されている(画像は、里中満智子『長屋王残照記(1)あおによし』(講談社)の表紙。Amazonから)

奈良そごう建設時の調査で発掘される

   イトーヨーカドー奈良店は2003年7月に開業。セブン&アイHDは17年3月8日のJ-CASTニュースの取材に対し、同店は業績不振を理由に閉店する方向で進めていると明らかにした。閉店の時期は「協議中」という。イトーヨーカドーはここ数年業績が落ち込んでおり、セブン&アイHDは15年10月、採算が見込めない店舗については閉店を検討していくと発表していた。

   閉店後は、やまき(本社・東京都港区)が土地と建物を買い取り、複合商業施設として18年4月のグランドオープンを目指している。

   この場所は奈良時代の平城宮の東南角に位置しており、かつて左大臣の位に就いていた長屋王が居住していた。それが分かったのは「奈良そごう」のビル建設前に、奈良国立文化財研究所(現在の独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所=奈文研)が実施した発掘調査。1988年に約4万点もの木簡が出土し、その記録から奈良時代の貴族の詳細な暮らしぶりが分かる大きな発見となった。その後、発掘調査が89年9月まで続いた影響で奈良そごうの建設は遅れ、89年初頭を予定していた開業が同年10月にずれ込んだ。

   また、89年9月27日付朝日新聞によると、開業前に敷地内に「(長屋)王の霊を鎮めるほこら」がつくられた。長屋王は権力を得ようとした藤原氏の陰謀で謀反の疑いをかけられ、729年に自害に追い込まれるという最期を迎えたのを受けたといい、「1260年ぶりに掘り起こしてしまっただけに、まずは、王のおん念払い」と伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中