2018年 11月 21日 (水)

北川悦吏子「朝ドラ」脚本で質問連投に賛否 「プライドないの」「参加できて嬉しい」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   脚本家の北川悦吏子さん(55)がまたツイッターで物議を醸している。2018年春のNHK連続テレビ小説の原作・脚本を担当することになり、ヒロインが1971年生まれの設定のため、その人たちはどんな感性を持ち生活をしているのか教えてほしい、と質問を連投したため、「プロとしてプライドはないのか」「嘘つかれたらどうする?」といった批判が起きることになった。

   北川さんといえば2010年4月、ツイッターをよく知らないのにも関わらず、ツイッターを題材にしたドラマの脚本を担当して批判され、それに反論したため「大炎上」に発展した。それを覚えている人たちからは、「いまだにツイッターの使い方を知らないようだ」とため息が漏れている。

  • 質問の連投に批判の声(写真は北川さんのツイッターのスクリーンショット)
    質問の連投に批判の声(写真は北川さんのツイッターのスクリーンショット)

「みなさんの、バブルの象徴を教えてください。今、そこ書いてます!」

   2018年4月から放送されるのは北川さんのオリジナル作品「半分、青い。」。ヒロインは1971年生まれで北川さんと同じ岐阜県出身。病気で左耳を失聴し、それを乗り越え漫画家になるため、バブル期の東京に上京するというストーリーだ。北川さんは2017年3月4日から13日まで、1971年頃に生まれた人に対しツイッターで質問しまくっている。

「すみません、怒られるかもしれない、と言った舌の根も乾かぬうちに、また質問です。(だって、どうしたってツイッターで聞くのが一番早い!!)」
「これは、すごく楽しい質問。『いかすバンド天国』ってありましたよね?!その中で、推しバンド教えてください!!」
「あの時代といえば、『ねるとん紅鯨団』私の中では、これもバブルの象徴。みなさんの、バブルの象徴を教えてください。今、そこ書いてます!」

などといったもので、北川さんのファンは、

「北川さんの脚本大好きなので、こんな形で参加できて嬉しいです!1971年の生まれでよかった(笑)!」
「朝ドラぜっーたいに観ます!北川先生のドラマは必ず。また質問どんどん聞いちゃって下さい!」

などと大喜びし、質問に対するリプライを続けている。

   一方で、プロの作家のこうしたリサーチに対し疑問の声も上がり、

「自分で調べずに質問ばかりしてる人って嫌われる。そういう輩は質問に答えても調子に乗ってまた次々質問するし、キレそうになる」
「プロとして プライドは ないのか」
「ネットの情報の正確性を問題にする側のTV番組製作者の人は、どうやってTwitterから得た情報が正しいと判断するのだろう」

などといった意見がツイッターや掲示板に出ている。

「幸せなコール&レスポンスが、続きますように」

   そうした中で再び思い起こされることになったのが2010年4月の「大炎上」だ。

   当時の騒動は、 フジテレビ系ドラマ「素直になれなくて」の原作・脚本を担当した北川さんが、放送前にツイッターの初心者だとブログで語ったことが発端。ドラマの内容は、ツイッターが男女の出会いのきっかけとして冒頭で使われ、「出会い系サイトではない」などといった批判を浴びた。北川さんのブログ投稿の後、ネット上では、ツイッター初心者がツイッターを題材にしたドラマが書けるのか、と疑問の声が噴出した。

   北川さんは「執筆前になぜリサーチしないの?」などといった批判に応戦し、

「器械やシステムを使いこなすことが、エライ、と思うってのバカみたい」
「私はリサーチしないよ。極力。しても一回。なぜなら、想像の翼を折るから。覚えておいて。こういう人もいることも」(10年4月19日)

などとつぶやいたため荒れに荒れることになった。その後、北川さんは問題のツイートを削除し、リプライできないようにアクセスをブロックした。

   当時を知っている人たちは今回の北川さんのツイッターでのリサーチについて、

「さんざっぱら炎上しましたからねえこの人...今のこの状況も逆の意味でイタいというか、やっぱりこの人いまいちTwitterの使い方わかってないんじゃないかという感じ」
「過去にTwitterで炎上を起こした人が、ドラマを作るにあたって懲りもせずTwitterを用いてる時点でやばい匂いがプンプンする」

などといったことをツイッターや掲示板に書き込んでいる。

   北川さんは、こうした批判に対して、3月12日深夜、

「さきほど、ツイッターのニュースになったようで、びびった私は、一瞬、ツイートに鍵かけました。また、開いたわけですが。この、私たちの幸せなコール&レスポンスが、続きますように・・・。と祈ります。サンキュー♪」

と投稿した。ただ、批判に反論するようなつぶやきは13日夕までしていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中