中居正広、復興支援にかけた執念 「スマスマ終了」わかった直後から相談

印刷

   元SMAPの中居正広さん(44)が2017年3月11日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「中居正広 ON&ON AIR」(ニッポン放送)の中で東日本大震災の復興支援を呼びかけた。

   この呼びかけには中居さんの並々ならぬ思いがあったようだ。放送終了後、ニッポン放送のアナウンサーがツイッターで「裏話」を明かした。

  • 中居正広さん
    中居正広さん

ラジオ番組最後に「復興はまだまだ道半ばと言われております」

   番組の最後、中居さんは「さてさて、東日本大震災から6年が経ちました。復興はまだまだ道半ばと言われております」と切り出した。放送のあった11日は、2011年に発生した東日本大震災からちょうど6年となる節目の日だった。

   中居さんは、16年中には熊本や鳥取でも大きな地震が発生したことに触れながら、「東日本大震災復興支援財団」で支援金を、日本赤十字社で「平成28年熊本地震」の義援金をそれぞれ受け付けていることを伝え、「ご協力をお願いします」と結んだ。

   SMAPは「東日本大震災復興支援財団」の発起人に名を連ね、冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で継続的に復興支援を呼びかけてきた。グループ解散に伴い最終回となった16年12月26日の放送においても、メンバー全員での呼びかけを忘れなかった。今回の中居さんの対応は、まさにスマスマ時代の取り組みを、SMAPが解散した後、自ら引き継いだ格好だ。

   放送終了後、ニッポン放送の新保友映アナウンサーはツイッターを更新し、

「日本大震災復興支援財団を立ち上げ 支援を呼びかけてきたSMAP中居正広さんのラジオが今日という日にあり、しばらくできなかった呼びかけをして下さったこと。不思議な絆、縁のようなものを感じます」

とコメントした。

ニッポン放送新保アナ「中居さんの温かさは凄い」

   そして「スタッフから裏話等ほとんど聞きません。が、このお話だけ」と前置きすると、

「中居さん、募金の呼びかけをラジオでできないか、テレビで定期的にできなくなることがわかった後スタッフにすぐ相談されたそうです。中居さんの温かさは凄いですよね」

と裏話を明かした。つまり中居さんは「SMAP×SMAP」の終了が分かった直後から、呼びかけの場を失わないよう自ら働きかけたということだ。

   新保アナのツイートは話題を呼び、SMAPファンや中居さんファンらから、

「貴重なお話をありがとう ございます」
「中居くんの温かさが伝わって涙が出てきます」
「きっとあの時から1ミリもブレずに考えてて、このタイミングで今日という日を選んで呼び掛けてくれたんでしょうね」
「応えて下さったニッポン放送にも 感謝です」

といった声が続々と寄せられている。

稲垣吾郎も「思いは何も変わっていない」

   ちなみに3月9日放送のラジオ番組「編集長 稲垣吾郎」(文化放送)では、稲垣吾郎さん(43)も復興支援について言及した。

   SMAPファンがメンバーの意志を引き継ぎ、グループ解散後も復興支援活動を続けているという趣旨のリスナーメールを読み上げると、「ありがたいことですよね。そういった思いは僕も何も変わっていない」とコメント。

「ファンの方々や大勢の人々が力になるということは絶対に大きなものになりますし。一日でも早く、皆さんが笑顔でいられるような復興支援の呼びかけを一環となってしていきたいなと思います」

と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中