モデルの長谷川理恵さん「ファイト・ショコラ」を初体験!「アムウェイ・プラザ横浜」でオープニングイベント開催

印刷
news_20170314103850.jpg

   サプリメント、化粧品、ホームケア製品など、さまざまな製品を取り扱うアムウェイコーポレーション。アメリカを本拠地として、世界100カ国以上に拠点を置き、日本では1979年に日本アムウェイが設立された。

   日本アムウェイでは実店舗として、「アムウェイ・プラザ」を北は北海道から、南は福岡まで、日本各地に展開している。近年では、ヘルシーで栄養価の高いドリンクや軽食などを提供する「Phyto Cafe (ファイト・カフェ)」を併設する店舗も増え、アムウェイ製品を「見て、触って、体験できる」場として活用されている。

   横浜の元町商店街(横浜市中区)に国内で8番目の拠点となる「アムウェイ・プラザ横浜」がオープン。併設の「Phyto Cafe (ファイト・カフェ)」も同時にオープンし、2月9日に、そのオープニング・セレモニーが開催された。モデルの長谷川理恵さんらが登壇するクッキングイベントも行われ、80名以上の参加者が足を運んだ。

news_20170314103935.jpg

手軽にファイトケミカルスが摂れる「ファイト・カフェ」

   日本アムウェイ社長ピーター・ストライダム氏は「アムウェイ・プラザ横浜を活用し、横浜のコミュニティ全体に素晴らしい体験をしてもらえるような場所にしたい」と思いを述べ、セレモニーがスタート。

   小さい頃から元町によく来ていたという長谷川さんも「元町にオシャレなカフェができて嬉しく思っています。この日をとても楽しみにしておりました」と喜びの言葉を述べた。

news_20170314104012.jpg

   ファイト・カフェでは、ヘルシーで栄養価の高いドリンクや軽食を提供。カフェで提供されるメニューには、ファイトケミカルスも含まれているという。

   ファイトケミカルスとは、野菜や果物などの植物が持つ植物由来の成分。ブルーベリーやぶどうに含まれるアントシアニン、緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるイソフラボンなど、健康維持や改善に有効と期待されている成分で、老化や病気のもととなる活性酸素を吸収する特徴があると、近年、注目を浴びている。

news_20170314104040.jpg

   活性酸素は、ストレスや過労、パソコンやスマホなどの電磁波、タバコやお酒などさまざまな要因で増加し、現代社会を生きるうえで避けることは難しい。そのため、なるべく多くのファイトケミカルスを意識して摂取することが重要とされている。

   イベントの第2部では、管理栄養士の圓尾和紀先生が登壇し、ファイトケミカルスの重要性について説明した。「ファイトケミカルスは、たくさんの種類があり、野菜・果物を、色を意識してバランスよく食べることで、さまざまなファイトケミカルスを摂れます」と5色(白・黄・赤・紫・緑)に分類し、バランス良く摂ることが不可欠であることを主張。食べ方のアドバイスとともに、日常の中で、ファイトケミカルスを意識して摂ることを勧めた。

news_20170314104116.jpg

   野菜ソムリエの資格を持つ長谷川さんも「毎日、お抹茶を飲んでいます。グリーンにもファイトケミカルスが含まれていると思います」と普段から積極的に摂っている様子。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中