2019年 5月 22日 (水)

着メロの「現在」がスゴすぎる スマホユーザーも仰天の「進化」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「着メロ」と聞いて、どんな音を思い浮かべるだろうか。あのチープだが味わい深い音源は、フィーチャーフォン(ガラケー)ユーザーにおなじみだった。どれを着信音にするか、散々悩んだという人も多いのでは。

   そんな着メロがなんとスマートフォンユーザーに受け入れられているという。街中で聴く機会はめっきり減ったように感じるが、数十万人の会員を抱えたサービスも健在だ。いまだ根強い人気を誇る着メロの現状を取材した。

  • 「耳コピ」で着メロを作っていく(写真はモバイルファクトリー社内。17年3月16日撮影)
    「耳コピ」で着メロを作っていく(写真はモバイルファクトリー社内。17年3月16日撮影)

「40代会員はガラケーの思い出をひきずっている」

   記者が2017年3月16日に訪れたのは、モバイルファクトリー(東京都品川区)だ。「レコチョク メロディ」(324円/月)といった着メロの定額取り放題サービスをスマートフォン向けに提供する同社。

   取材に応じたモバイルコンテンツ事業部の塩川仁章氏によると、着メロの定額サービスは「びっくりするぐらい」会員数が多いという。その規模、数十万人。

「年齢層は20代から40代まで幅広いです。とくに40代の方は、ガラケーの思い出を引きずりながら使っていただいているのではないでしょうか」

   人気を背景に、「Google Play Music」など定額制のストリーミングサービスに音源を提供したり、LINEスタンプと着メロを合わせた定額取り放題サービスとはじめたりと、同社は新しい着メロサービスを今なお投入し続けている。

   毎月新たに発信される着メロはおよそ1000種、ジャンルも最近のヒット曲から演歌、効果音までと多種多様だ。大人気ゲームシリーズのサウンドエフェクトや、猫の鳴き声、90年代のヒット曲といった「意外な」人気ジャンルも少なくないという。

   いまだ支持される理由は、一体何なのか。同事業部の今泉真智子氏は

「着メロは自分で作れないので、まだニーズが残っているのではないでしょうか。あと、アラーム音、通知音、『子供に聴かせる音楽』など多くの用途が発掘されています」

と分析する。ただ、前出の塩川氏は「数字には表れているんですが、(着メロを)周りで使っている人はいません」とも打ち明ける。用途が多様化しすぎて、把握しきれなくなっているのかもしれない。

   どんな音なのか、試しに聴かせてもらった。多くのトラックが重層的に録音されており、そのクオリティはCD音源に匹敵する。これが今どきの着メロか――。あのピコピコ音に慣れ親しんでいた記者は軽い衝撃を受けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中