岡崎トミ子さん死去 国家公安委員長など歴任

印刷

   国家公安委員長や旧民主党副代表などを務めた岡崎トミ子さんが2017年3月19日、仙台市内の病院で肝機能障害のため亡くなった。73歳だった。各メディアが伝えた。

   福島市出身で、東北放送アナウンサーを経て、1990年の衆院選で旧社会党から旧宮城1区で初当選を果たした。その後、96年に民主党の結党に参加し、参院選で3回当選。旧民主党の菅直人内閣で国家公安委員長や消費者・少子化相を務めた。後日、お別れの会を開く予定。喪主は妹の信子さん。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中