ロックフェラー家3代目当主が死去、101歳 日米親善にも尽力

印刷

   アメリカの大富豪「ロックフェラー家」3代目の当主で銀行家のデービッド・ロックフェラー氏が2017年3月20日(米東部時間)、心不全のためニューヨーク郊外の自宅で死去した。101歳だった。現地メディアなどが報じた。

   ロックフェラー氏は、石油王ジョン・ロックフェラーの孫として1915年にニューヨークで生まれた。46年に銀行業に携わり、69年から81年まで米銀大手チェース・マンハッタン(現JPモルガン・チェース)の会長を務めた。親日家としても知られ、73年には日米欧の民間有識者でつくる「三極委員会」を立ち上げたり、78年には日米文化交流の先駆的な役割を果たした「ジャパン・ソサエティー」の名誉会長に就任したりした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中