今度は山本裕典が事務所トラブル 「仮面ライダーの呪い」か...

印刷

   俳優の山本裕典さん(29)の所属事務所「エヴァーグリーン・エンタテイメント」が2017年3月21日、山本さんとのマネジメント業務委託契約を同日付けで終了すると発表した。

   事務所は公式サイトのトップページに「山本裕典に関するお知らせ」と題した文書を掲載。理由については「契約内容に違反したため」とした。

  • 事務所サイトに掲載されたお知らせ文(画像は公式サイトのスクリーンショット)
    事務所サイトに掲載されたお知らせ文(画像は公式サイトのスクリーンショット)

事務所「断腸の思いで、契約を終了」

   お知らせ文では、

「本日まで数えきれないほど、山本裕典本人と話し合い、何度も熟考を重ねました。しかしながら、本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかったため、契約内容に違反したと考え、断腸の思いで、契約を終了することにいたしました」

と、契約終了に至った経緯を説明。具体的な違反内容については記されていないが、

「デビュー以来11年もの間、山本裕典を多くの人たちを魅了する俳優にするべく一緒に精進し、苦楽を共にし、彼の俳優として生きる姿勢を支えてきました。そのため、このような結果は、非常に残念であり、私共の指導力不足を痛感しているところでもあります」

と、悔しさをにじませている。また、

「これからは別々の道を歩む事になりますが、今後山本裕典がどのように歩を進めていくのか、温かく見守っていただけたら幸いです」

としており、今後の活動については不明だ。山本さんの公式サイトはすでに閲覧できない状態になっている。

清水富美加、細川茂樹...「仮面ライダー関係どうした」

   山本さんは2005年、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞。06年、「仮面ライダーカブト」(テレビ朝日系)で俳優デビューを果たした。以降、「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」(フジテレビ系)や「タンブリング」(TBS系)、「桜蘭高校ホスト部」(TBS系)など話題のドラマに次々出演。甘いマスクで女性人気を集めた。

   私生活ではスキャンダルもあった。14年には「お持ち帰り美女とのベッド写真」を写真週刊誌に報じられ、ブログで「軽率な行動」を謝罪していた。

   突然の契約終了発表にファンは戸惑い気味だ。ツイッター上には、

「また1人好きな俳優さん辞めてっちゃう」
「山本裕典くん好きだったんだけどな......」
「うわーなんでー!!ショック!!」

といった声がいくつも寄せられている。

   また、2月に「幸福の科学」への出家引退騒動を起こした清水富美加さん(22)や、事務所との契約解除問題に揺れている細川茂樹さん(45)も「仮面ライダー」シリーズに出演していたことから、

「仮面ライダー関係どうした」
「仮面ライダー俳優さんたちどうなっちゃってるの」
「今年は『仮面ライダーの呪い』か?」

といった声も散見される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中