2018年 8月 17日 (金)

ブラジル食肉偽装21社からの輸入を保留 1社は日本へも輸出

印刷

   ブラジルで食肉の安全性をめぐる不正問題が発覚したことを受けて厚生労働省は2017年3月21日、ブラジル連邦警察の捜査対象となっている21社からの鶏肉などの輸入手続きを保留したと発表した。そのうち1社は日本へも輸出していた。

   今回の不正問題では、ブラジルの大手食肉加工業者21社が検査官に賄賂を贈り、賞味期限切れの肉など衛生基準を満たさない食品が承認されていたことが明らかになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中