「地震後にライオン逃げた」のデマ 投稿者は不起訴

印刷

   熊本地震発生直後にライオンが逃げたという虚偽の内容をインターネットに投稿し、偽計業務妨害容疑で逮捕された神奈川県の男性(21)について、熊本地検は2017年3月22日、男性を不起訴処分(起訴猶予)としたことを発表した。各メディアが報じた。

   男性は16年4月に発生した熊本地震の直後、ツイッターに「地震のせいでうちの近くの動物園からライオン放たれた」などとうその内容を投稿。16年7月、熊本市動植物園の職員の業務を妨げたとして偽計業務妨害容疑で逮捕されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中