東京地検、週刊文春側を不起訴 鳥越氏の「女性問題」記事

印刷

   ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(77)が、週刊文春に掲載された女性問題疑惑の記事を「選挙妨害」だと告訴していた問題で、東京地検特捜部は2017年3月23日、同誌の編集長を不起訴にした。NHKの同日放送によると、不起訴理由は嫌疑不十分。

   鳥越氏は2016年7月の東京都知事選挙に立候補したが、落選。選挙期間中に過去の女性関係にまつわる疑惑が同誌に掲載され、名誉棄損と公職選挙法違反の疑いで告訴していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中