2018年 12月 16日 (日)

「月刊実話ドキュメント」休刊 暴力団報道38年、黒字なのになぜ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   暴力団や刺青、風俗店に関する情報を30年以上にわたって伝えてきた実話誌「月刊 実話ドキュメント」が休刊する。

   ワイドショーで活躍する芸能レポーター・井上公造さんも編集長を務めた同誌。編集部はJ-CASTニュースの取材に、「黒字運営」だったと明かす。

  • 「月刊実話ドキュメント」が2017年3月29日発売の5月号を最後に休刊
    「月刊実話ドキュメント」が2017年3月29日発売の5月号を最後に休刊

井上公造氏が「2代目編集長」

   1979年に竹書房から創刊。2013年、マイウェイ出版に版元を変えた。現編集長は3代目だ。暴力団だけでなく、刺青や彫り師、風俗店といったジャンルにも強く、コアなファンが多かった。

   編集部によると、そんな同誌は17年3月29日発売の5月号を最後に休刊する。ニュースサイト「日刊サイゾー」が休刊を真っ先に報じると、ツイッターで

「寂しさを感じる」
    「何となく残念」

と惜しむ声が相次いだ。

   同誌はこの38年間、暴力団の動向を追い続けてきた。山口組とそこから分裂した一和会の抗争「山一抗争」、六代目山口組の分裂騒動など、大きな事件が起こった際はいち早く、そして詳しく背景を伝えた。最新刊である17年4月号(2月29日発売)の目玉特集も、1月に起こった指定暴力団「会津小鉄会」の分裂騒動だった。

   13年の版元変更について、ジャーナリスト・小林俊之さんは、鹿砦社の運営する情報サイト「鹿砦社通信」(15年8月12日付け)で、こう記述している。

「会社(編注:竹書房)のメインバンクから『ヤクザ雑誌をやめなければ今後の融資できない』という趣旨の申し入れが頻繁に経営陣になされたことで、ヤクザ雑誌に関わる編集者のリストラが始まっていた」

   今回の休刊について、「月刊実話ドキュメント」編集部はJ-CASTニュースの取材に、「黒字運営を続けていた」と明かす一方で、肝心の休刊理由は、「諸般の事情」とのみ答えた。また、再び版元を変えての再刊行についても、

「それを目指しておりますが、その目算が立っていないのが現状です」

としている。

   ちなみに、芸能レポーターの井上公造さんが同誌の2代目編集長を務めたのは、編集部によると、「1984年ごろに約半年」だったらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中