2019年 7月 17日 (水)

すし店バイト女子高生らを盗撮  「容疑者」は店長だった

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   福岡市内の回転すしチェーン店で従業員更衣室にビデオカメラが設置され、女性店員らが盗撮の被害に遭っていたことが分かった。

   朝日新聞の報道によると、従業員を守るべき立場の店長が盗撮した疑いが持たれているといい、ネット上では、「これじゃあ安心して仕事できない」との声が上がっている。

  • 職場での盗撮は軽犯罪なのか
    職場での盗撮は軽犯罪なのか

店長については、すでに会社が処分

   「欲求を満たすためだった」。朝日新聞の2017年3月24日付ウェブ版記事によると、店長は、アルバイトの女子高生らの保護者に対し、こう盗撮を認めたという。

   朝日が店関係者などに取材したところでは、女性店員の1人が1月中旬、更衣室のロッカーの上に乗った段ボール箱の底の穴から大きなレンズがのぞいているのに気づいた。その数日後には、店長が更衣室の前でこの段ボール箱を抱えているのをアルバイトの1人が目撃し、別のアルバイトに伝えた。連絡を受けたこのアルバイトは、更衣室で着替えた後に段ボール箱をロッカーから降ろし、中を見るとビデオカメラが仕掛けられていた。

   カメラを回収して調べたところ、従業員が着替える様子が録画されていた。従業員が更衣室で着替えているときに、店長がパソコンでその映像を見ていた形跡もあるらしい。福岡県警も捜査に乗り出し、店長は、任意の事情聴取に対し、盗撮を認め、「数か月前から続けていた」とも供述しているという。県警では、軽犯罪法違反(のぞき見)の疑いで店長を書類送検する方針だと朝日は報じている。

   盗撮のツケは大きかったようだ。運営会社の顧問弁護士は、J-CASTニュースの3月24日の取材に対し、警察が捜査中で個人情報は詳しく明かせないとしたものの、店長については、すでに会社が処分したことを明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中