2018年 11月 16日 (金)

WBC人気はプロ野球人気になるか センバツはあおりを受けたが

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   WBCの日本代表は準決勝で敗退(日本時間2017年3月22日)したが、国内の盛り上がりは大変なものだった。半面、プロ野球の話題は寂しく、WBC人気を持ち込めるかどうか心配である。

  • 少年野球の人気が薄れているといわれて久しいが……
    少年野球の人気が薄れているといわれて久しいが……

主力が抜けたオープン戦は低調

   ロサンゼルスのドジャースタジアムでの準決勝、米国戦は1-2の惜敗。競り合いは日本の望むところだったが、最少得点しか奪えなかったことが敗因となった。

「それでも注目度は高く、ビジネス的には成功」

と、試合を中継したテレビ局の関係者。予選に入る前の強化試合は不安だらけの戦いぶりだったから、ホッとしたことだろう。

   一方で、オープン戦で実戦調整中のプロ野球への関心度はどうだったか、というと、正直言って低かった。

   そのうえ、各チームとも主力選手を代表チームに出しているから、チーム調整の練習ができない。これは監督がもっとも悩んだ点だった。自分のチームの本当の力をはかるのに苦労する。

   たとえば巨人。オープン戦は散々な成績で批判を受けているが、メンバーを見ると、エースの菅野、正捕手の小林、首位打者の坂本が抜けている。彼らがいれば勝てると高橋監督は思いたいだろう。とはいうものの、現実の数字は重たく感じているはずだ。

   プロ野球のオープン戦で大きな話題として取り上げられたのは、WBCを辞退した日本ハムの大谷だった。とりわけホームランを打ったときは新聞でもテレビでも注目した。

「もしWBCに参加していたら、それこそプロ野球の話題はまるでなかったことになる」

   こんな声はメディアに多い。そうだろうと思う。

WBCとセンバツとが重なる

   問題はWBCの人気を、プロ野球がそっくり受け継いでペナントレースに生かせるのかどうか、である。WBCほどの興奮は期待できないだろうけど、注目を引きつける努力はしなければならない。

   プロ野球界がしなければならないのは底辺のテコ入れである。少年野球の人口はかなり減っているという。スター選手不足、メディアへの露出度などが理由として挙げられるけれども、これはプロ野球側の政策につながる。

   言っておきたいのはWBCの時期に、高校野球の選抜大会が重なったことである。いつもなら全国的に盛り上がる風物詩だったのだが、今年は「春はセンバツから」とはいかなかったような気がする。

   WBCは4年に1回開催とはいえ、プロ野球の大事な調整期間、選抜大会の時期に重なるのは考えものだろう。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中