トランプ政権、オバマケア代替法案を撤回 共和党内にも反対論

印刷

   米国のトランプ政権は2017年3月24日(現地時間)、医療保険制度改革(オバマケア)の代替法案について、下院本会議で否決される可能性が高いとして採択を見送り、法案を撤回した。

   共和党のライアン下院議長は記者会見で、採択に先立ちトランプ大統領に法案の撤回が最善であると伝え、大統領もそれに同意したと語った。

   オバマケアの見直しは、トランプ大統領が公約に掲げた最優先の課題だったが、野党・民主党だけでなく、共和党内の保守強硬派の議員らの反対意見が根強く、撤回に追い込まれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中