ミスターSASUKE、早々リタイア 5年ぶり登場も「見せ場なしかよ」

印刷

   人気スポーツバラエティ番組「SASUKE(サスケ)」が2017年3月26日に放送され、「ミスターSASUKE」こと山田勝己さんが5年ぶりの出場を果たした。

   1997年の初回大会から出場し、自宅には実物そっくりのセットまで組み上げる本気ぶり。「わてには...SASUKEしかないんですよ」(10回大会)という視聴者の心に残る名言を残し、2012年の28回大会で「引退」した。それから5年の月日が流れ、51歳となったミスターの挑戦に注目が集まったが――。

  • SASUKE公式ツイッターでも山田さんの出場を事前にアナウンスしていた(画像はSASUKE公式ツイッターのスクリーンショット)
    SASUKE公式ツイッターでも山田さんの出場を事前にアナウンスしていた(画像はSASUKE公式ツイッターのスクリーンショット)

山田勝己「ここでもう1回クリアして、時計動かそうかな」

   山田さんは2012年の引退後、若手育成のために「山田軍団『黒虎』」を結成し、指導にあたってきた。しかし2016年の前回大会では、黒虎メンバーがファーストステージで全滅。これに危機感を覚えた山田さんは、自ら「出陣」することを決め、選抜メンバー2人とともに「鋼鉄の魔城」に挑んだ。

「今日はやっと、黒虎のね、若い子らに混ざって、競技できることになって、すごい楽しいんですよね。楽しくて、楽しくて。でもやっぱり...」

   出場直前、山田さんはこう語りながら言葉を詰まらせ、こみ上げてくる涙をこらえるようにきつく瞼を閉じた。

   山田さんがファイナルステージまで行ったのは、1999年の3回大会のみ。2005年以降はファーストステージでの敗退が続き、今回ファーストをクリアすれば、実に「20大会ぶりのクリア」となる。本人も「ここでもう1回クリアして、時計動かそうかな」と意気込みをみせる。

   番組では、そんな山田さんの軌跡を感動的なVTRで放送。視聴者の注目を最大限に集めた後、満を持してミスターSASUKEを登場させた。実況も「SASUKEを必要とし、SASUKEに必要とされた男」と、その存在をドラマティックに紹介した。

   ところが――。山田さんは「クアッドステップス」「ローリングヒル」を落ち着いてクリアするも、第3エリアの「タイファイター」であえなく池に落下、リタイアとなってしまったのだ。タイファイターは前回大会から導入され、山田さんにとっては今回が初の挑戦だった。

「もうちょい先いけやwww」

   51歳という年齢や、引退前の戦歴を考えても、ファーストステージでのリタイアはある程度予想されていたことではあったはずだ。しかし、あまりに早々に脱落してしまったためか、視聴者らも拍子抜け。ネット上には、

「早すぎるwww」
「山田勝己速攻で落ちて草」
「もうちょい先いけやwww」
「せめて『そそり立つ壁』までいけよ」
「見せ場なしかよ」

といったツッコミがいくつも上がった。

   今回は、SASUKE20周年の特別招待選手として出場した山田さん。リタイアを受け、

「俺の思いは、悔しさは持って帰るけど、昔からの完全制覇って思いはここに置いていくんで、若い奴らが必ず取り戻してくれると思います」

と声を震わせながらコメントし、その場を立ち去った。2012年の引退当時、「鉄工所アルバイト」だった山田さんは、現在は「鉄工所社長」だそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中