2018年 12月 15日 (土)

「誘拐するしかない」「用水路に女児の死体」 事件報道前「連続投稿」の不気味

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   千葉県我孫子市内の排水路わきでベトナム国籍の女児(9)の遺体が見つかった殺人と死体遺棄の事件で、2ちゃんねる上で犯人しか知り得ないような書き込みがあったと、ネット上で騒ぎになっている。千葉県警に通報したというユーザーもいて、県警が関連を捜査しているという報道も出ている。

   この事件では、松戸市立小学校3年の女児が、2017年3月24日朝に学校の修了式に出席するため家を出てから、行方が分からなくなった。

  • ネット上の書き込みは関係あるのか
    ネット上の書き込みは関係あるのか

「女児が一日履いた靴下が欲しい」

   報道によると、父親(34)からの捜索願を受けて、県警が女児を探していたが、26日朝になって釣り人から通報があり、女児は、排水路わきで衣服を着けていない遺体の状態で見つかった。首にはヒモで絞められたような痕があり、千葉県警が殺人と死体遺棄の疑いで捜査している。28日夕時点では、まだ容疑者逮捕などには至っていない。

   しかし、2ちゃんねるには、この事件発覚の前から、事件と関係があるとも取れるような書き込みがあった。

   買い物について情報交換をするある掲示板の5番目のスレッドで、まず3月2日に「女児が一日履いた靴下が欲しい」と怪しげな書き込みがあった。「女児が一日つけた唾液臭いマスクがほしい」などと続けて投稿され、スレ上では、「ほんとに気持ち悪い」との声が上がった。しかし、投稿は止まず、9日には、「女児は死体になっても投棄したことない」と書き込まれた。

   そして、21日になって、「服を脱がした直後の女児をイメージした芳香剤がほしいな」「どうせ監禁したら抜歯もするんだからいい 女児最高」と再開される。22日は、「震えて目をつぶる子犬をものさしで叩いてたらすごく勃起してきた」「女児にいろんな方法で拷問したい」「殴ろうとするたび目をつぶる女児を想像すると抱きしめたくなる」などと連続で投稿された。

   この日は、女児の事件が起きる直前で、「100万円でも女児の唾液は買えないから誘拐するしかない」などと犯行をほのめかすようなことも明かされた。

2016年から女児への異様な興味示す投稿

   3月24日夜には、まだ女児が行方不明になっていることは報じられていなかったが、同じスレッド上では、こんな書き込みがされていた。

「暖かくなったら用水路に女児の死体がないか見て回ろう」

   26日になって今回の事件が報道されると、スレは騒然となった。「おまえ・・・・やっちまったのか」「発見より早いのはやべえ」。買い物向けのスレにもかかわらず、その後も、書き込み主への自首の呼びかけや警察へ通報したことの報告などが相次いでいる。その後、28日18時まで、事件と関係があるとも取れるような明確な投稿は見当たらない。

   ある掲示板のスレでは以前にも、女児への異様な興味を示す投稿があったことも分かっている。

   16年7月20日から1週間にわたり、「4歳の女児の体を3年かけて少しずつ切断したい」「女児の心臓が止まるところを見たい」「公園の女児を蹴り倒して家まで運ぶのはリスク高すぎる」などと書き込まれていた。

   これらが今回の事件の犯人によるものかは不明だ。また、ほかのスレッドとは違って、書き込み主のIDが示されていないので、同じ人物による投稿かも分かっていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中