2018年 12月 14日 (金)

子どもに自分ががんだと伝える 8割の患者が「イエス」その結果は

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   子どものいるがん患者133人のうち78%が自分自身で子どもにがんだと伝え、87%は伝えてよかったと感じている――。

   医療分野の調査会社メディリードと子どもを持つがん患者のサポートサービスを行っている団体「キャンサーペアレンツ」は2017年3月8日、こうした調査結果を発表した。

  • 本人も子どももつらい事態をどう受け止めるか(画像は調査発表より)
    本人も子どももつらい事態をどう受け止めるか(画像は調査発表より)

「安心させたい」「隠したくない」理由はさまざま

   メディリードのプレスリリースによると、がん患者支援のきっかけを探るためキャンサーペアレンツと共同でがん患者のコミュニケーション実態調査を実施した。全国34都道府県に在住するキャンサーペアレンツ会員を対象に、30~64歳の男女133人の回答を得ている。

   回答者がり患しているがんは多様だが、がんのステージ別では「ステージ4」が28%と最も多く、全体の半数以上が現在も通院治療中の状態。87%は配偶者(またはパートナー)がおり、97%は子どもがいる。

   「がんであることを子どもに伝えたか」という質問には73%が「伝えた」と回答。また子ども以外では「配偶者(パートナー)に伝えた」が92.5%、「友人・知人に伝えた」も85%と高い水準となっている。

   自分自身で子どもに伝えた理由については、「安心させたい」「がんについて受け止められる、理解できる」など子どもの状況に合わせたことや「がんであることを隠すことができない、隠したくない」と自分の状況や思いなどが挙げられた。伝えた後の状況については、「伝えない方が良かったと思う」との回答はなく、大半の患者が伝えたことを肯定的にとらえている傾向にあり、子どもとの関係も27%が「良い方向に変化した」と回答した。

   なお、伝えなかった患者の理由については「まだがんのことを理解できる年齢ではないから」が58.3%で最も多く、66.7%は「子どもが理解できる年齢になったら伝えたい」としている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中