ローランド創業者・梯郁太郎さん死去 MIDI規格でグラミー賞受賞

印刷

   電子楽器メーカー「ローランド」創業者の梯郁太郎(かけはし・いくたろう)さんが2017年4月1日に87歳で死去した。同日、梯と親交が深かったロックバンド「ゴダイゴ」のドラマー、トミー・スナイダーさんがフェイスブックで明かした。

   1972年にローランドを設立し、鍵盤タッチによって強弱が付けられる世界初の電子ピアノやシンセサイザーなどを開発した。また2013年には、電子楽器の演奏情報をメーカーを問わずにデジタル伝送できる世界共通規格「MIDI(Musical Instrumental Digital Interface)」の誕生に大きく貢献したことが評価され、米音楽界で最も権威のあるグラミー賞で技術賞「テクニカル・グラミー・アワード」を受賞した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中