ロシア・サンクトペテルブルク地下鉄で爆発、11人死亡 テロ疑いで捜査

印刷

   ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクで2017年4月3日(現地時間)、地下鉄車内で爆発が起きた。地元メディアがロシア国家対テロ委員会の話として報じたところによると、爆発でこれまでに11人が死亡、45人が負傷した。プーチン大統領はテロの可能性もあるとして、捜査当局が調べを進めている。

   爆発が起こったのは、中心部の「センナヤ広場駅」と「技術大学駅」の間を走行中の地下鉄車内。現場から2キロほど離れた「蜂起広場駅」でも爆発物が見つかっており、同時多発テロを狙った可能性もある。

   3日はプーチン大統領が、ベラルーシのルカシェンコ大統領との会談のため、サンクトペテルブルクを訪問していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中