OS世界シェア、アンドロイドが初の首位 ウィンドウズと0.02ポイント差

印刷

   パソコン(PC)やスマートフォンを動かす基本ソフト(OS)の世界シェアで、グーグルの「アンドロイド」がマイクロソフトの「ウィンドウズ」を抜いて、初めて首位に立った。2017年4月3日(米国時間)、アイルランドの民間調査会社スタットカウンターが発表した。

   発表によると、17年3月のシェアはアンドロイドが37.93%、ウィンドウズ37.91%と、アンドロイドが0.02ポイント上回った。アンドロイドを搭載したスマートフォンの普及により、利用が急拡大したためだ。2012年にはウィンドウズのシェア約80%に対し、アンドロイドはおよそ2%だったが、5年で形勢が逆転した。ただしPCに限ると、ウィンドウズは約84%のシェアで引き続き首位の座を保っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中