2018年 11月 22日 (木)

梅毒患者数早くも1000人突破! 4000人を超えた昨年を上回るペース

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   国立感染症研究所が2017年4月4日に発表した感染症発生動向速報で、2017年第12週(3月26日まで)時点での梅毒の累積感染者報告が1013件に達したと発表した。

   42年ぶりに4000人を超え4518人という報告数を記録した2016年度の同時期でも796人で、今年はさらに報告数が増加する恐れもある。

  • 欲求に基づく病気なので予防は難しいのかもしれないが(写真は原因となる梅毒トレポネーマ (C)Susan Lindsley, CDC)
    欲求に基づく病気なので予防は難しいのかもしれないが(写真は原因となる梅毒トレポネーマ (C)Susan Lindsley, CDC)

都市部で患者数が増加

   日本では1948年から梅毒の報告数が調査されており、年間に約1万1000人が報告された1967年以降、減少傾向にあった。しかし2013年に1228例、2014年に1671例、2015年に2697例と近年の報告数は増加傾向にある。

   今回の速報によると、12週だけ(3月20~26日)でも52件の報告があり、最多は東京の16例で大阪の12件、千葉の4件と続く。累積報告順でも東京が323件と群を抜いて多く、大阪147例、神奈川61例、福岡55例、愛知45例と都市圏での報告が目立つ。その逆に、人口の少ない地道府県では報告例0も見られる。

   梅毒は主に性交渉によって「梅毒トレポネーマ」という細菌に感染することで発症する性感染症。治療法はすでに確立されており、コンドームを使用するなどセーフティーセックスにつとめることで予防はできるが、なぜここ数年で増加しているのかはわかっていない。

   厚労省のウェブサイトに掲載されている性感染症情報によると、若年層の性交渉の増加や不特定多数との性交渉の増加、性産業の複雑化などさまざまな要因をあげているが、推測にとどまるとされている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中