東京ディズニーランド新エリア建設へ 美女と野獣・ベイマックスなど2020年開業

印刷

   東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは2017年4月5日、東京ディズニーランド(TDL)の大規模開発起工式を開いた。2020年春に向けて「美女と野獣エリア(仮称)」、「ベイマックス」をテーマにした新アトラクション、ミニーマウスの新キャラクターグリーティング施設などを導入する。

   今回の開発では、TDLの西に位置する約4万7000平方メートルのエリアに、TDLと東京ディズニーシー(TDS)の開園以来最大規模の約750億円を投資する。このほかに、オリエンタルランドはTDSでも約180億円を投じて大型アトラクションの建設を進めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中