2018年 7月 21日 (土)

米国、シリア空軍基地にミサイル攻撃

印刷

   米国のトランプ大統領は2017年4月6日夜(現地時間)、シリアの空軍基地を巡航ミサイルで攻撃したと発表した。

   シリアでは4日、北西部イドリブ県の反政府勢力支配地区に対して行われた空爆で多数の死傷者が出た。米国はアサド政権が空爆で化学兵器を使用した疑いがあるとみており、化学兵器禁止条約に違反した対抗措置として、50発以上の巡航ミサイルを撃ち込んだ。米メディアによると、地中海上の米駆逐艦2隻から巡航ミサイル「トマホーク」が発射された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中