米中首脳が初の会談 貿易不均衡是正へ協力

印刷

   ドナルド・トランプ米大統領と習近平・中国国家主席が、米フロリダ州での初の米中首脳会談を2017年4月8日(日本時間)に終えた。

   新聞・通信各社が伝えたところによると、両首脳は貿易不均衡の早期是正に向けた「100日計画」の策定に合意。米国の貿易赤字削減に習氏は理解を示した。ただ、「100日計画」の具体策は明らかにされていない。

   北朝鮮の核開発に両首脳は「深刻な段階」に達したとの認識で一致、国連による経済制裁の完全履行を確認した。だが米国は、中国が北朝鮮の核開発を抑止するよう要請し、中国の協力がなければ「単独行動も辞さない」との強硬な姿勢も見せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中