小林麻央「どうやって乗り切ろうか」 海老蔵「ここ数日、マオの調子がよくなく」

印刷

   歌舞伎役者の市川海老蔵さん(39)が2017年4月9日夜にブログを更新し、乳がんで闘病中の妻・小林麻央さん(34)の容体について、「ここ数日」調子がよくない、と案じた。

   麻央さんが同日朝に更新したブログでも、「ここ数日、息切れとしんどさに襲われ」と報告している。

  • 麻央さんの容体を気遣う海老蔵さん(2016年6月撮影)
    麻央さんの容体を気遣う海老蔵さん(2016年6月撮影)

「どうやって乗り切ろうか 試行錯誤」

   海老蔵さんは普段のように子どもとの日常を綴り、続けて

「ここ数日、マオの調子がよくなく、なるべく側にいたい。そう思ってます」

と明かした。

   麻央さんは同日朝のブログで

「雨だったからか、起きるのに 一苦労」
「ここ数日、息切れとしんどさに襲われ どうやって乗り切ろうか 試行錯誤」
「しこりをさわると あっちも こっちも 大きくなったと感じ」

と現在の病状を吐露している。

   そんな時はがん患者の先輩からの

「春 芽吹くとき、癌も花開いても 落ち込まないこと」

という言葉を思い出し、「春もくれば冬もくるし、長ーく長ーく穏やかに」と言い聞かせること、「大丈夫」と胸腺に手をあてることが麻央さんなりの暗示だという。

   また、頭や肩や背中に手をあてて優しくマッサージしてもらうことで「安心できる」といい、

「手の力って 本当に不思議でありがたいです」

と締めくくった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中