浅田真央コラボ「リカちゃん」に予約相次ぐ 先月発売、絶妙の「引退」タイミング

印刷

   フィギュアスケート女子の浅田真央さん(26)の引退表明から一夜、ファンの間ではリカちゃん人形とのコラボ商品「浅田真央・リカちゃん人形セット(記念フレーム切手セット付き)」が、にわかに注目を集めている。

   リカちゃん人形としては高額で、購入をためらっている人も少なくなかったようだが、浅田さん自ら監修を務めていることもあり、引退を機に購入を決意する人が相次いでいる。

  • 浅田真央・リカちゃん人形(C)TOMY
    浅田真央・リカちゃん人形(C)TOMY
  • フレーム切手(C)TOMY
    フレーム切手(C)TOMY

1万2000円「ずっと迷っていた購入を決意しました」

   浅田さんは2017年4月10日、「フィギュアスケート選手として終える決断を致しました」と、自身のブログで引退を表明した。突然の報告による衝撃は大きく、スケート界だけでなく各方面からコメントが寄せられている。

「感動を与えてくれてありがとう!メルシー ソチ五輪の演技は今も忘れられません!これからも素敵な笑顔の真央さんの活躍を応援しています♪」

   ツイッターでこうメッセージを送ったのは、着せ替え人形の「リカちゃん」。ツイートには、「浅田真央・リカちゃん人形セット」の真央リカちゃんの写真が掲載されている。

   浅田さんを模したリカちゃんは、完全受注制で、先月22日の発売当初からファンの間で注目を集めていたが、今回の引退を受けて再度話題となっている。

「真央ちゃんが引退してしまうということでやっぱりこれを買うことに決めた」
「迷ってた真央ちゃんとリカちゃんのコラボドールをポチってしまった」
「真央ちゃんの引退報道を見て、ずっと迷っていた『浅田真央 リカちゃん人形セット』の購入を決意しました」

   1万2000円と高価なため、これまで購入に踏み切れなかったファンが相次いで購入予約をしているのだ。

浅田真央さん自ら衣装監修

   1967年に発売され、今年で50周年を迎えるリカちゃんだが、実在の人物に扮するコラボレーションは珍しい。企画開発を手掛けた玩具メーカーのエンスカイ(埼玉県草加市)の開発担当者は4月11日、J-CASTニュースの取材に対し、「国民的人気を誇る二人だからこそ実現した」と企画の意図を明かした。

   企画は2016年5月頃にスタートし、リカちゃん50周年のお祝いという名目で浅田さんに打診したところ、快諾。浅田さん自身も喜んでくれたという。

   同商品でリカちゃんが身につけるのは、2013年から2014年シーズンのフリープログラム「ラフマニノフ作曲『ピアノ協奏曲第2番』」の衣装。日本中の感動を呼び、最も人々の心に残っているだろう衣装ということで提案したところ、浅田さんサイドも一番これがいいだろうとの意向を示した。

   衣装は浅田さん自ら監修を務めており、細かい切れ目やタイツの着用などこだわりが詰まっている。商品の構造上、おでこは出せなかったというが、浅田さんの黒髪は死守した。

   もともと浅田さんの大ファンだったという担当者は、

「企画の段階では引退を想定していなかったと思うんですけど...。引退発表の今まさに販売されていて、ファンのみなさんに届けられてよかったです」

と、寂しさを滲ませながらも仕事冥利に尽きると語った。

   現在、見本展示が行われているのは名古屋中央郵便局だけだが、朝から問い合わせがあり、

「引退を受けて急遽、4月12日から東京中央郵便局でも浅田真央・リカちゃん人形やサイン入りTシャツ、パネルなどを展示することが決まりました」

と告知した。予約は5月末まで受け付けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中