2018年 12月 12日 (水)

バイエル薬品、患者のカルテ無断閲覧で謝罪 社員が厚労省へ内部告発し発覚

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   製薬会社のバイエル薬品(大阪市)の社員が服薬アンケートに回答した患者のカルテを無断で閲覧していたとする報道が相次ぎ、2017年4月10日に同社が公式ウェブサイト上で事実を認めるコメントとお詫びを発表した。

   カルテは重要な個人情報とみなされ、本人以外への開示や取扱いに関しては厚生労働省によってガイドラインが定められている。

  • カルテは重要な個人情報とみなされる
    カルテは重要な個人情報とみなされる

ライバル社の薬を調査するため

   バイエル薬品の発表によると、同社が製造販売する血栓症治療薬「イグザレルト」の販売前に、同様の他社製治療薬を服用している患者への聞き取り調査を実施。服薬に関する嗜好を確認するためだったが、調査に協力した患者のカルテの一部を同社の社員が不適切に閲覧していたという。

   無断閲覧の事実を厚生労働省に内部告発した社員は同日放送されたJNNニュースの取材の中で、上司から命令されライバル社の薬の使用実態を知るため200人分のカルテを書き写したと証言。中にはがんや認知症といった血栓症とは無関係な個人の病歴情報なども多数含まれていたという。JNNは調査に協力した医師が患者に無断でカルテを提供していた可能性も指摘している。

   調査結果は医学誌に発表されていたが、情報収集の仕方に不明点があることや、調査にバイエル薬品が関与していることを明らかにしていなかったため、2016年1月に医学誌に取り下げられていた。

   塩崎恭久厚労相は、4月11日に行った会見の中で「極めて遺憾」とコメント。厚労省としてバイエル薬品に対し状況説明を求めるとともに事実関係の確認を進め、何らかの処分を下すことを明らかにしている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中